本文へスキップ

豊橋動植物公園には動物園・植物園・遊園地などがあります。

植物園

モネコーナー

豊橋総合動植物公園の魅力/モネコーナー

モネコーナーはフランスのモネガーデンより、「睡蓮」の絵で有名な画家である クロード・モネが描いたスイレン、シダレヤナギ、フジなどを譲り受けて展示しています。 フランスのジベルニーにあるモネガーデンとの交流は、平成8年に植物園開園を記念して 日本で初めてモネのスイレン、シダレヤナギ、フジが送られて以来続いています。 その後も平成8年8月モネガーデンより草花15種類の種子が送られ、 平成9年3月にはクロードモネ財団職員のフランス大使館文化参事官夫妻を招き、 モネコーナーにて友好記念式典が開催されます。 平成10年5月には友好親善訪問団を結成してモネガーデンを訪問し、 次郎柿とヒラドツツジを記念植樹しています。


つつじの園

つつじの園にはミツバツツジ、クルメツツジ、ミカワツツジ、シャクナゲ、サツキ、 ブルーベリーなどのツツジ科の植物が96種類、約1,200本が植栽されています。 ここでは3月上旬から6月上旬までの間、花を楽しむことができます。 和名での主な品種は、ゲンカイツツジ、ミツウバツツジ、クロフネツツジ、ヤマツツジ、 コバノミツバツツジ、ヒカゲツツジ、サクラツツジ、ウンゼンツツジ、ミカワツツジ、 ヨドガワツツジ、ドウダンツツジ、ミヤマキリシマ(タカチホ)、 ミヤマキリシマ(ユフザクラ)、カルミア、ブルーベリー、サツキ(ヤマノヒカリ)、 サツキ(オオサカズキ)、サツキ(エイカン)、サツキ(ギョウテン)、 クルメツツジ(ナナアソビ)、クルメツツジ(クルメコマチ)、クルメツツジ(クレノユキ)、 ヒラドツツジ゙(アケボノ)、ヒラドツツジ(ツクシシボリ)、ヒラドツツジ(シロタエ)、 セイヨウシャクナゲ(バイオレットクィーン)、シャクナゲ(ミセス・ファーニバル) があります。


バラの園

バラの園には約100種類300株のバラが植栽されています。 豊橋動植物公園では5月中旬から7月上旬、10月下旬から11月下旬の期間に バラの花を楽しめます。 和名での主な品種は、 セイカ、フロージン'82、ゴールドマリー'84、ウタゲ、アリンカ、オーナー、 アイスバーグ、イングリット・ウェイブル、ウィンナー・シャルメ、サラバンド、 チャールストン、マチルダ、ホノオノナミ、シンセウ、バタースコッチ、カクテル、 エアー・フランスメイアンディナ、オレンジ・メイアンディナ、 インディアン・メイアンディナ、ロイヤル・メイアンディナ、 ビンゴメディランド、サマーモルゲン、ゴールデンボーダー、ラベンダードリーム、 ムーンライトトヨハシなどがあります。